医薬品の服用方法や副作用について紹介しています

普段飲んでいる薬について知っておきましょう

健康的に日々を過ごすために重要なポイントとして、「普段飲んでいる薬についての知識をつけておく」というのは、とても大事です。
私達が普段服用している薬は、何気なく飲んでいるだけで、具体的な成分や、副作用などについては知らなかったりします。わたしは数年前からプロペシアというお薬を飲んでいますが、常に正しく服用することを徹底しています。
ここでは薬の実体験を口コミ形式で紹介し、望ましい用法や注意点を身に付け、日常生活に役立てていく事を目的としています。

間違いやすい服用のタイミング

調剤薬局で薬を貰う時、「食前に飲んで下さい」「食後に飲んで下さい」となど、服用のタイミングを指定されます。
この違いが何なのかご存知でしょうか。
まず、食前、とは、食事をする直前という意味ではありません。
食事をする30分前に飲むのが好ましいという意味です。
食前に飲む薬は、空腹で胃が空の状態に飲むため、薬の成分が胃酸や胃の中にある食べ物に影響される事なく、素早く吸収され、かつ、効果も出やすいというメリットがあります。

注目のサイト

  • 育毛効果の高いスカルプシャンプーをお探しなら、商品ごとに分かりやすく比較したコチラのサイトがオススメです。自分にピッタリのアイテムがきっと見つかります。

胃に負担の少ない漢方薬は、食前の服用が多い

食事中の血糖値を下げる糖尿病の薬や、吐き気止めなどは食前に飲むのが効果的だと言われています。
比較的、胃に負担の少ない漢方薬は、食前の服用が多いです。
次に、食後、は、食事の30分後に飲むのが好ましいという意味です。
胃の中に食べ物があるほうが吸収の助けになる薬や、空腹時を避けて飲むべき薬などは食後に服用します。
飲み薬の中で、もっともポピュラーな飲み方がこの食後、です。
胃に血液が多く集まっているので、薬の成分が血液と共に体内に運ばれやすいというメリットがあります。
さらに食間ですが、時々誤解をされて、食事をしている間に飲まれる方もいますが、それは、間違いです。
食間とは、食事と食事の間の事です。朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、という具合です。
目安としては食事の2時間後がよいとされています。
食間の服用がよいとされる理由
食間の服用がよいとされる薬は、空腹の状態で飲むのがよいとされるものや、胃の粘膜を保護する作用のあるものです。
最後に就寝前、ですが、これは胃の状態に左右されるものではなく、就寝中により吸収を促し、効果を発揮させるためです。
とは言え、寝床につく直前ではなく、30分から一時間前が好ましいでしょう。
就寝前に飲む薬として、便秘改善薬や睡眠薬などがあげられます。
注意して戴きたいのは、薬の服用のタイミングに細かくこだわる余り、少し時間がずれただけでもう飲まないというのは止めましょう。
きっちりと時間指定されている場合でなければ、薬は飲まないと効果を得られない治療です。
おすすめホームページ
  • EDに悩む私が使用しているお薬はシアリスです。頼れるパートナーです。
  • 知名度はまだ高くないですが、効果が良いことで定評のレビトラは、今後注目のお薬です。